iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

彼らの価値観が、略奪と侵略が評価軸の場合

既にアトランティスの崩壊状態(低級スピリットが人体に入り影響を与える)を顕現している。地球は26000年周期であるラインを一周しているのだが、それを浄化しなければいけない

また、同時に22.5度の文明中心ラインの以降があり、今回日本の近畿エリアが該当エリアになる。長期にわたり、文明中心になることが歴史的に予告されているのだが、その日本人を電磁波でコントロール下に置き、今までの自分たち天下を継続したい勢力がいる

それだけのことである

参考文献は

フラワー・オブ・ライフ(上・下)

ガイアの夜明け(上・下)

あなたの脳や身体は、電気が走っている=微弱な電磁場を作っている。あなたの意識状態でも、周波数が変わる。上物として人工システム環境がある場合、あなたの意識が悪くなる(幾何学的にはダイヤモンドやスクエア)と、特定の悪い状態が発生される。また良い意識状態になると、その周波数を取られ、封じようとしてくる。結局、なにもしないような0の状態が、一番攻撃者がなにもできないのだ。

近代価値観において評価される「やる気がある」状態で取り組むと、全て次から逆にされる。最初を継続した状態であれば、解析されるまで保持されうる。一度外して、すぐまたつけるは、コンピューター認識状態なので、本質的ではない解決策であなたにダメージを与えようとしてくる。解析されたら、無効になる。しかし解析データを保持していない攻撃者は利用できない。故にコピーしてこようと同じ攻撃をあなたにしてくる。他者でコピー出来ないのは、あなたの体で行ったものでないと意味がないからだ。故に電磁波攻撃は、あなたが特段狙われていない状態でのものと、狙われた状態のもので内容が変わる。人体共通のものや直接身体を狙う数少ないもの以外は、あなたの脳コピーを取り解析されるところからはじまる。その手法は、電磁波だ。衛星を使わないのであれば、携帯基地局が使用されているとみて間違いない。

全ては、電磁力なので(生体電流、交流磁場)なのである。コンピューターは少しずれるだけで対応不可になるので、それを乱すという方法も有効なのである

また自らの電磁場を増幅することも減衰させることもできる

BMIテレポーテーションは、「あなたとあちらのBMIは別物。ただタイミングを合わされて、脳誤認しているだけ」なので、自分などと決して思わず、意識を外して、突き放せば良い

やればわかる

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。