iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

それ以上分解できない酢は、酢を置いた場所の電磁(残存電磁)を終わらせる事ができる。手に塗れば、手の電磁を利用した各種攻撃を無効にすることができる。つまり安心して肌をさわれる。髪にリンスがわりに塗り、洗い流さなければ、髪の電磁を低く抑えられる。

しかし酢そのものに取り憑くものがいる。その場合、電磁場に設置した鏡を意識し、意識の焦点を自ら(または他者、または空間)に当てるようにイメージするとよい。すると、酢そのものへの取り付きは外れる。

ここからさらに取り付きは、あなたの身体周囲または内部にあるホールから見えない格子状マトリックス網を投げかけ、場合によっては包み、そこに特殊空間(通称ユニフォーム)を作ってくる。ユニフォームは、誰かの身体の再現を示す場合がある。

深夜・日中意識落とした時、そこにエクスタシーのような寒気を再現したり、性犯罪者のような行為をしかけて、俺の声を真似、俺に複数取り付いた街中徘徊に性犯罪者のように思わせて、街全体の空気をサイレンなどで特殊振動させ、電線の影響範囲にある歩道に特殊電磁界を設定し、そこを歩くたびに性犯罪者のように思わせるようなことを本日してきた。また一昨日・昨日、出会った外車および近隣駐車場の車のエンジンを就寝中の俺の腰範囲にみなし設定し、その低周波を下着の中で鳴らしていた。そしてそれをコピーして持ち去った。その低周波を当てられるとリアルな身体感覚再現ができてしまう

話戻す

ほとんどのホールは喉のホールを使っている。それを別身体箇所からやっているようにみせかけていることが多い。首、喉を基点としている連中がやっている。今回の首喉とは、赤・二元・ノアの子ハム カナン ニムロデの系譜をさし、アンチキリストである。先日、二元でやろうと決めた大きな国際連中が、主なる一部の裏切りにあい、状況は変化している。地球の位置 銀河的には、二元ではなく統合局面に入っているにも関わらず、なぜかこんなことをしているが、簡単にいえば遠隔運転可能なロボット奴隷による貴族支配を狙っている。また魂がない宇宙存在に、魂を提供しようとしていたので、悪魔という概念存在と自らをみなしている者もいる(既に宇宙存在は宇宙法則で昇華している。また毛細血管の赤血球などが黒磁化していない状態(通称チョコレート、ヨーグルト)の時の血管内電磁に取り付いていた低次霊は、地球を魂レベルの高周波にした時に低い唸り声で、女性の街中徘徊から大声で立ち現れた。恐らく悪い霊ではない。既に消えた可能性がある。また街中徘徊の一部は、低次霊とは別に人工的に自らの意思を失い乗っ取られた状態でいるものが多数出てきた。男子トイレ大の隣の部屋で、半分扉を開けてゾンビのように立っていたりする。まともな中年男性がだ。また階段したには、ipadを所持して片膝をついた女性が瞳孔開いてボーッとおり、私の後頭部に電磁的に遠隔設置したようなデバイスで私の脳からの視界ビジュアルを操作し、女性にゾンビの装飾を施してみせかけてきた。

閑話休題

喉ホール以外に別ホールからする場合、その穴からあなたの身体内部に電磁遮断をするマトリックス網をはる場合がある。その場合、身体内に特殊な空間を作成されて、そこでなにかしたり、ウイルスか集まる拠点みたいにされる場合がある。

その場合、イメージで意識の焦点をあなたにあてて自らの体を割いて、外にマトリックス網を引き出して外せばよい。多くが自らの身体を守ってばかりいるので、そこを拠点にされてしまうのだ。またリアルにイメージしなくてよい。

なぜ彼らはホールの中からそんなことをするのか?ホールとは宇宙的にはボルテックス(渦)であり、地球的には洞窟、地下空間であり、銀河の周波数からみれば、真っ黒な家の中を表す。遺跡で言えば、スフィンクスである。そこに閉じた特殊周波数空間があるのだ。そこの穴の中で、いつもの有名なフレーズ「不可能を可ー」と信じ切って念じれば、その空間内だけではあるが願いが叶うようになるようだ。故にそこから出ずに遠隔干渉をしてくる。しかし、それは宇宙の論理とはかけ離れているので、グノーシス主義的には低次アイオーン(作ってはいけないもの、父なる神の摂理に従わないもの)と呼ばれる。

個人的には、低次アイオーンであるホールは 開けば、宇宙に通用しないものは無効になるしかないので(宇宙はすべてが信頼の元で開けている、つまりあなたの真実がそのまま求めれば出てくる、相手を否定せずそれぞれの方向性を生きるようになる。しかし低次アイオーン内はその前提にさえ達していない)、開くか、ホールに全方位鏡、またはホログラム液体気体で埋めて閉じれば、ホールの中にいるものをバーチャルに閉じ込められる。

彼らは成長期が終わった人間のカウントダウンのためにやっていると述べたが詳細不明。テロメア

また先日、ホールのその特殊気体を、気体感染させようと企んでいた。

すこしはなしがずれるが

みずからの免疫を信頼し任せる。免疫に訴えかけるのもよい方法。免疫は次元や磁場を超える

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。