iとはなにか?

1997/12/15から 橋浦満広にとっての 「i」は「Fぁい」

唯一の約束事:「自らのあり方で決まる」





・二等辺三角形のところは、霊体的に憑依やツインで来ても双子が割れてしまう(正三角形が割れた形)。故に憑依者は不正アクセスできない。安心していい。
・エーテル体→肉体(一方通行の不可逆。エーテルは地球上のみ。コーザル体から初期化できる。ここでの通称:ピグモン)
・アストラル体は、幽体離脱のような状態。サードアイ(第三の目)はここで開く。サードアイをアストラル体→エーテル体→肉体とつなぐと肉体にも変化を感じる(霊体は直立姿勢になる)。しかし一部邪魔をする存在がいた。アストラル体単独での存在の仕方は注意が必要(幽体離脱同様、または他者への憑依への利用のひとつ)なので、わからないならしないこと。
・下位霊体だと干渉されやすい。故に自らのハイアーセルフを呼び出せられれば、自らのみでもエーテル体への設計問題を解決できる


あなたは「エネルギー存在」でもあります。こういうものにも影響を受けます。



◇◇◇最初に読みたい書籍◇◇◇



◇◇◇古代からの伝承書籍◇◇◇



↓↓↓★現在の地球の状態(一番左端)↓↓↓



☆☆☆もうすぐ訪れる「木星太陽化」について☆☆☆

4500-4000年ほど前に太陽系に生じたことの解消。ならびに太陽・木星・土星の三体構造のこちらからの提案。もしかしたら1000年間は直列二体構造の方がいいのか考える。こちらからの期限付き提案2022年までに地球人の精神性を上昇させ、地球自体のアセッションの可能性を見せなくてはいけないブログ。加速的最短進行。ならびに飽きることのない調和。また、地球にいるのは人類だけではない。


***アセッション(次元上昇)につながる情報***


1.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。
2.予測できるところには罠があるよ。
3.現実認識(リアリティ)は脳がそう解釈(認識)しただけ。
4.エーテル体は肉体との接点。
5.人は凍った光。あなたは宇宙中の光や意識とも会話ができる。あなたが知覚しても意識しなくても存在している。



***観測すると、波が瞬時に縮む。どこに出現するかはわからない***





書籍:ガイア黎明 生きて意識ある地球はこうして生まれた by アマーリエ P1-13,21-47,128-166,167-213

Thu, 23 Jul 2020 19:34:00 +0900

wrote:Mitsuhiro Hashiura(橋浦 満広)

https://www.hatena.ne.jp/uta_stream

https://mixi.jp/home.pl

 

f:id:uta_stream:20200723200023j:plain

f:id:uta_stream:20200723200028j:plain

f:id:uta_stream:20200723200031j:plain

f:id:uta_stream:20200723200035j:plain

f:id:uta_stream:20200723200040j:plain

f:id:uta_stream:20200723200044j:plain

f:id:uta_stream:20200723200050j:plain

f:id:uta_stream:20200723200054j:plain

f:id:uta_stream:20200723200057j:plain

f:id:uta_stream:20200723200102j:plain

f:id:uta_stream:20200723200106j:plain

f:id:uta_stream:20200723200110j:plain

 

f:id:uta_stream:20200723202631j:plain

f:id:uta_stream:20200723202654j:plain

f:id:uta_stream:20200723202711j:plain

f:id:uta_stream:20200723202725j:plain

f:id:uta_stream:20200723202742j:plain

f:id:uta_stream:20200723202800j:plain

f:id:uta_stream:20200723202816j:plain

f:id:uta_stream:20200723202829j:plain

f:id:uta_stream:20200723202848j:plain

f:id:uta_stream:20200723202908j:plain

f:id:uta_stream:20200723202927j:plain

f:id:uta_stream:20200723202942j:plain

f:id:uta_stream:20200723203001j:plain

f:id:uta_stream:20200723203019j:plain

f:id:uta_stream:20200723203034j:plain

 

f:id:uta_stream:20200723200302j:plain

f:id:uta_stream:20200723200306j:plain

f:id:uta_stream:20200723200310j:plain

f:id:uta_stream:20200723200314j:plain

f:id:uta_stream:20200723200318j:plain

f:id:uta_stream:20200723200322j:plain

f:id:uta_stream:20200723200326j:plain

f:id:uta_stream:20200723200332j:plain

f:id:uta_stream:20200723200337j:plain

f:id:uta_stream:20200723200342j:plain

f:id:uta_stream:20200723200345j:plain

f:id:uta_stream:20200723200350j:plain

f:id:uta_stream:20200723200354j:plain

f:id:uta_stream:20200723200358j:plain

f:id:uta_stream:20200723200402j:plain

 

 

f:id:uta_stream:20200723203616j:plain

f:id:uta_stream:20200723203635j:plain

f:id:uta_stream:20200723203652j:plain

f:id:uta_stream:20200723203707j:plain

f:id:uta_stream:20200723203722j:plain

f:id:uta_stream:20200723203740j:plain

f:id:uta_stream:20200723203755j:plain

f:id:uta_stream:20200723203818j:plain

f:id:uta_stream:20200723203835j:plain

f:id:uta_stream:20200723203849j:plain

f:id:uta_stream:20200723203921j:plain

f:id:uta_stream:20200723203937j:plain

f:id:uta_stream:20200723203956j:plain

f:id:uta_stream:20200723204013j:plain

f:id:uta_stream:20200723204031j:plain

f:id:uta_stream:20200723204043j:plain

f:id:uta_stream:20200723204101j:plain

f:id:uta_stream:20200723204116j:plain

f:id:uta_stream:20200723204130j:plain

f:id:uta_stream:20200723204144j:plain

 

f:id:uta_stream:20200723200603j:plain

f:id:uta_stream:20200723200607j:plain

f:id:uta_stream:20200723200611j:plain

f:id:uta_stream:20200723200615j:plain

f:id:uta_stream:20200723200618j:plain

 

こちらの書籍は、このあと9次元以上の存在、また地球と関わった様々な宇宙種族が書かれています(ベーエルダ、ペガサス、蟹座など)。ご興味ある方はぜひご購入ください。

 

最後までお読みいただいた方はお分かりになるかと思いますが、口調も優しくわかりやすい内容です。安心してお勧めできます。

世界的に有名な巫女による大変貴重な内容の書籍です。

 

私たち現代人の常識にばかり照らし合わせることなく、その本質に焦点を合わせて、読まれてない方は読まれるとよろしいかと思います。

ここの(磁)場で守ること
1.相手に迷惑をかけない
2."本当の"意味で、i を信じられるか。iを信頼するためにはどのようにすればよいか?