iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

記事転載:骨はカルシウムを使って電磁波を情報伝達する。シグナル分子 もメッセージ物質も全て「波長」|【驚くほどシンプルな健康 の真実】シリーズ《7》

骨はカルシウムを使って電磁波を情報伝達する。シグナル分子
もメッセージ物質も全て「波長」|【驚くほどシンプルな健康
の真実】シリーズ《7》
Via media.primaveratokyo.net
NHK人体シリーズで紹介されていた「メッセージ物質」というものがありましたが、あれは電子や電磁波、電流のこ
とです。
テレビでははっきりとそう発言する人はいなかったようですが「微生物 電気信号」で索するとたくさん関連した記
事が出てきます。
ちなみに、この電磁波や電流、波長のことを昆虫ではフェロモン、細菌では、クオルモン、オートレギュレーター、
そのほかに細胞間シグナル分子、情報伝達物質などとも呼ばれます。
これらの肉眼では見えない情報伝達物質は全て「電気信号」「波長」と考えて間違いありません。
音の世界では、電気信号はほとんどそのまま波長のことです。周波数を化させることが、音程をえることで、メ
ロディを作り出すことになるからです。
もちろんそれ以外にも、音色など々な要素が重なり合っているものです
といったところで本題の「骨」です。
スポンサーリンク
骨の役割はカルシウムの保存・貯・供給
骨といえば、カルシウム。と言うのはよく言われることです。では、骨が人体にとってどのような働きをしているの
か。と言われると、意外と知らないのではないでしょうか。
骨は、人体にかかる重力にしての支えと言う大きな働きにより、「心臓が収縮する運動」が正常に行われるように
と心臓を守っています。
そして、その心臓の収縮を司るものが「カルシウム」であるそうですが、私も今回調べるまでは、全く知りませんで
した。
そのほかにも骨は、全身のカルシウム濃度を調整するための貯庫です。
とても硬いと言うイメージのある骨ですが、細胞レベルで見れば、当然のごとく「代謝」しています。
人間は3ヶ月で全身の細胞が入れ替わると言うことを聞いたことがあるかもしれませんが、これは言い方をえれ
ば、3ヶ月前の自分と、今の自分は別人とも言えます。
骨の代謝のことを「骨吸収」などと言いますが、そのほかの細胞同、骨も劣化した部分は切り捨てて、「代謝」に
よって新しく骨を「生」しています。
心臓を収縮させている動作にもカルシウムが必要だと話しましたが、そのほかにも「骨」と言うところでは、血を
作る仕事や筋肉の神の伝達やホルモン分泌などが行われ、骨というものは非常に重要な臓器です。
人の骨の構成成分はコラーゲンとタンパク質がほとんど
骨の構成を調べると主に皮質骨(硬骨)と海綿骨(柔骨)からできていることがわかります。
言い換えれば、柔らかい骨と硬い骨がある。ということです。
結局のところそれら「骨」が何でできているのかといえば、コラーゲンとタンパク質で、そこに、リンやカルシウム
が付着している状態が、私たちが知っている、あの白い「骨」です。
コラーゲンというと、プルプルのアレですが、これもまたタンパク質からできているもので、骨はほとんど、タンパ
ク質=炭素C、水素H、酸素O、窒素Nで構成されているといえます。
そのほか無機質として、
リン酸カルシウムが85%(別名:水酸化アパタイトCa10(PO4)6(OH)2)
炭酸カルシウムが10%
リン酸(H3PO4)マグネシウム1.5%
マグネシウム
で構成されています。
波長を飛ばし、電気を流す「カルシウム」の役割
カルシウムは「神の情報伝達のコントロール」をしていると言います。
これまで見てきたように、骨はほとんど、タンパク質で構成され、他の微量成分が関わっています。
これまでの成分を化学式で見ていくと、
タンパク質=炭素C水素
水分=H水素O酸素
リン酸カルシウム。別名:水酸化アパタイト=Ca10(PO4)6(OH)2
炭酸カルシウム=CaCO3
リン酸マグネシウム=HMgO4P
マグネシウム塩=MgCl2
となっていて、まとめると
リンP
酸素O
水素H
マグネシウムMg
炭素C
窒素N
塩(えん)Cl
と言う6種類ほどの成分がその大元となっています。
人間の神の働きを正常に保つ働きをしているということは、これらの成分が「気」を流す時に必要な元素になると
いうことになるようです。
骨粗鬆症を防ぐ「骨吸収=破」「骨形成=創造」の原理
骨は他の細胞と同じく、代謝すると言うことをお話ししました。
このことから、人体は常に古いものを捨て(=破)て、新しいものを作っている(=創造)と言うことがわかりま
した。
では、骨が弱くなるとというのは、骨を作る作用(=破と創造)が弱くなっていると考えられます。
そして、この骨の破と創造は、ホルモンと密接に関わっていると言われます。
ホルモンです。
ホルモンと聞くと、具体的に何のことを指しているのかよくわからなかった方もいらっしゃるのではないでしょう
か。
しかし、冒頭にも言ったように、ホルモンとは、「電磁波」であり「気」のことです。
体の中を流れている「気」のことであり、骨も、その「気」を正常に流すと言う役割を担っているということを見て
きました。
骨が正常に骨代謝=破と創造をできなくなる原因に、「骨への衝」がなくなる時がその原因の一つと言われていま
す。
要するに、体を動かして、肉体を使うことで骨もそれを感知して、正常な代謝が行われると言うことのようです。
老人が骨粗しょう症になることの原因の一つがここにあると言われます。
骨は、代謝をするときの「きっかけ」に、骨への負荷=運動することを目安としている。このことから、カルシウム
を摂取するだけでは「骨が強くなる」と言うことには繋がらないことがわかります。
これまで見てきたところ、骨を強くするには、必要な構成成分を摂取すること、その上で運動をすることが、最も重
要なことだと言うことがわかりました。
気を流して、運動により常に刺激を与える必
カルシウムの摂取が不足しても、もちろん骨の量が減ることになりますが、「気」を正常に流すこともまた、代謝
正常に促す効果があります。
さらに、NHKシリーズで言われていた「メッセージ物質」こそが、その「気」の正体であり、運動などで骨への衝
・刺激があって初めて、骨は「骨を作れ」と言う信号を出します。
骨を強くするには「運動をすること」そして、「気の流れをよくすること」が重要だと言うことです。
気を流す方法。言葉も行動も表情も全ては「波長」
人間の腸内に住み着く「菌」たちも、電気信号で情報伝達をしていると言うことも最近ではわかってきました。
私たちが知るこれまでの「健康法」は主に「肉的な側面」ばかりがクローズアップされてきました。
何を食べるか、食べないか。どんな栄養成分が必要なのか。
しかし、それらは完全に私たちを健康にはしてくれませんでした。
そして、それらの肉的な健康法とともに、的な側面から健康を見たときに、このシリーズでお話ししてきた「塩と
水と、糖分と酸素」が必要になってきます。
この記事でお話ししてきたように、骨を丈夫にすることがただ重要なことなのではなく、健康ということはつまると
ころ、全身の気=と、食物としての栄養分が同じくらいに必要不可欠なのです。
健康というと、何をどれくらいどのように「食べるか」という問題がクローズアップされてきましたが、これから
は、気の流れ=についても十分な理解がなければ、本当の健康になることはできないということです。
「驚くほどシンプルな健康の真実」シリーズ一覧
概要編:自然食品やナチュラルライフなどの”ロハス”で疲弊して見えた食生活と習慣|【驚くほどシンプルな健康の真
実】シリーズ《ゼロ》
1. 健康食品・サプリメントが効かないのはなぜ?栄養を取り除く精製という魔法
2. 糖質(炭水化物)制限する必要なし。砂糖も脂肪も体は欲している
3. 減塩の効果は人を無気力にしメリットはほぼゼロ。塩分と高血は無関係で医療費がかさむだけ。
4. 水道水の健康への効果。水の重要性。水以外の飲み物は水分補給にならない。
5. 酸素の効果とエネルギー化の仕組み。糖質とともに呼吸という「脳」の栄養
6. 脳と電気と感が健康を作る。痴呆認知症もダイエットも頭がいいで解決
7. 骨はカルシウムを使って電磁波を情報伝達する。シグナル分子もメッセージ物質も全て「波長」
8. 意志力も仕組み化も失敗した人の「習慣化」の真実
9. ダイエットでも痩せない!成功したい人の「脳で痩せる方法」
10. うつ病の原因と治し方。頭の回転を速くするいくつかの方法
11. 個性を伸ばす方法と誰にでも備えられている才能
12. 本当の健康は感を正しく理解しなければ与えられない。と聖または、電磁波とシナプスの話
<出典一覧>
スポンサーリンク
This file was saved fr

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。