πνευμα (プラーナ) -自分ではなく誰かのことを考える無限創造の世界-

これまで衛星から近赤外線光で生体電流や生体磁場への操作があったけれど、もう位相は変わったよ。自分のためでなければ、自らのイメージング次第で、現状でもエネルギーは無尽蔵なんだね!黄金比、フラクタル!

1996年から、20数年に及ぶ殺人人体実験者と公安(2018/08/30消された文章)

最新の人体実験 1.アルミ帽を被っていても、身体から脳に侵食し、小脳をコンピューター的に囲いハック。 本質的に対処できない素材や加工物には、それを体に近づけるだけで身体違和感または経絡繋ぎをしてくる 身体(膝、肘、足首内側付近)、特に「膝に特殊な設定を施し、そこから全身に影響を及ぼす」とこぼす。一種全体に軽い麻痺を起こす。 その状態で大脳から、本人に質問しなくとも、本人の恒常的意識にない情報を奪う 彼らは、オーストラリアのせいにしたが、日本、特にストーリー夢を専門に見させる組織が絡んだ状態で実行に及んだ。 ヨーロッパの連中は不都合があるとすぐ逃げると述べていた 恐らくアメリカ系コンピューター技術のもと、医療系NWOマッドが絡んだ状態で、公安または警視庁が呼び出されたと推測される。「このような技術を使ってなにに応用できるか?」など医療系マッドが犯行後話し合っていた。また「津田沼の警察につたえましょうかね」と土地勘のないことを言っていた(ここを後から追加したら、「構うな」とイワモトツトムのダミー声。これを使うのは公安関係が主) 2.先日、津田沼中央総合病院に、朝あばらを折られたので行ってきた。待合室にいると医療系ニューロフォン連中が焦り、ニューロフォン(テレパシー)を使用した年配男性医療の人物が、形成外科の坂なつみ先生に「どのように喋るかニューロフォンで焦って指導」し(橋浦満広のその時のニューロフォン担当の背後から音声が聞こえてくる)、同時に「橋浦満広の頭部に複雑に設定した電気線を解除し頭部の歪みを中途半端に解除した」。その状態診察開始した坂なつみは、レントゲン診断のみ行い、「レントゲンにはなにも写らない」痛みを訴えると後から軟骨部の折れを指摘。ひどい痛みがありあばら骨が歪んでいるにも関わらず、「なんら処置をしなかった」。あばらは横隔膜など含め繋がっている臓器でもあり、レントゲンに骨しか写らないなら内科などに誘導すべきだったが、一切取り合わず、「病的なものは見当たらない」の一言だった。また、痛み止めの薬も「いりますか?」と投げ捨てるように言葉を吐いて終わらせた。終端部から伸ばすCa2+に関しては一切取り合わなかった。 同時に、同病院で右目の診療にも行ったが、突然(電磁波と思われる)外的疾患から大量の飛蚊症になったにのだが「病的なものは見当たらない」から答えがはじまった。外的疾患なので病的ではないだろう。こちらは次回目に写るものが増えたら来てくださいと、二回目以降でないとわからないという言葉が添えられた。 その夜BMI医療または研究者系が夜にあばらを歪めて治してなにもなかったかのような完全犯罪を行なった。 橋浦満広のあばら骨下は、前に反っているのが通常で、その反りを内側に歪め、骨折した就寝中に終端部にCa2+を集め、あばら下部と腰骨を偽骨で繋げ、起床時に伸びまたは不用意に起きるとあばらが折れる設定に骨が折れた日にしていた模様。その後も別人物が何度か同じことをしてきた。これは腰とあばらの間に、除電または絶縁を巻けば対処できる。 救急が入るような若い医者がいる総合病院は、ニューロフォンマッド医療と繋がりがあるので行くべきではない。当然大学病院はNG。特に採血、注射、インプラントは避けるべき。なにも思わず注入する医療従事者がいるからだ。橋浦満広は2015年1月船橋の献血ルームで、男性医療従事者二人に目配せの上それをやられ、声の仕事なのに一週間声が出せなくなったことがあった 既に医療 警察は信頼に値せず、水道水も前倒しで水になにか入れられていると噂で何度も仄めかされている。 以上

音メモ 画像メモ ブックマーク 書籍 対策 用語集

2004秋~2018/02/14 全ての真相と事実(追記有16:20)

私(橋浦満広)が、なにも知らないまま本格的に衛星V2Kを介して友人の声で話しかけられたのは2016/12/01が最初の日でした。後暴言や印象操作攻撃、及び強制脳情報奪取、周波数攻撃、就寝中イメージ送信攻撃などをされてきました。2007年冬同様の自殺追込みです。

 

私(橋浦満広)は、2004年秋からフジテレビ「笑っていいとも」の番組と関係がありました。

 

その一番関与が高いフジテレビが、私の地元のフジ系列仙台放送を先立つ2016/11/30に子会社化したのを本日初めて知りました。

 

私の友人たちの多くは、仙台放送に呼ばれて、偽の協力をさせられてきたのです。

そして多くの人は、なにか私の手伝いをしていると思い込まされてきたのです。その間、私はデスノートゲーム、豚にしてやる、バカ殿にしてやる、ピンクホルダーにしてやる、保険に入れと24時間脳攻撃をされていました。

 

www.nikkei.com

www.nhk.or.jp

d.hatena.ne.jp

橋浦満広を抹殺しようとした。

そして完全に失敗した。

 

2016/11の時点で、それ以前のV2Kグループの中での暴露により、フジテレビホールディングスが主犯の一人であることが判明していた。

 

現在も、衛星V2K脳内放送で、私の知り合いになにか攻撃したかのような音声を、フジテレビ内部に入り込んだ在日朝鮮系列及びGoogle系666多国籍税金払わない金融マフィア系列などが実行し流し込んでいる。また現在は軍事系マフィアが、BMIテレポーテーション電磁波周波数攻撃をし、なにもしらずに人体実験されている私をトリガーとして(他にも多くの人が被害者として存在している)、新世代の技術と見せかけて日本に展開しようとしている。もちろん戦後の構造も大きく関与してる。更に脳研究者が、2018年からの霊長類鬱研究と称して、霊長類であるヒトに対して、非道な人体実験脳研究を先行的に?している。国民を売ったのは、首相である安倍首相と思われる。2004年からのことを本人に一切聞かず、自分たちのストーリーを押し付けなぞり、「科学的にやるのだ」と欧米に丸投げしたのだ。どこの世界に本人に何も告げずにやるやつがいるのか。また、私の知り合い同様、なにがあってもなぞる約束をしたのだろう。衛星を介して脳を接続し、裏で操作されているにもかかわらず、わけわからないことまでなぞり続けたのだ。いくら国益を損ねたのか!


また、2017/07/11私を利用した共謀罪強行成立以降、フジテレビ内部に内務省が、衛星V2K関連企業内企業を設立、バイトルなどからアルバイトを雇ったり、政府認定スーパーグローバル大学在学中の者がなにも知らされず、働かされていたりした。


そろそろ責任を明確にしましょう。


宮城県出身の小野寺防衛相が本日ずらし述べた「完全自立型AI」などではなく、現在は「ハイブリッド的にAI未満ディープラーニングプログラム(プログラマーと運営者に責任)と、各国の軍関係者がマトリックス型バーチャル世界に世界中の人間を入れ込んで、人間の本当の能力を封じ込めようとしていることに。

 

はっきりいって、バーチャルワールドの概念はありえないと、当のイギリスの研究者により2016年に証明されている。そもそもイーロンマスクがいけないのは、既にこのような状態(ワイヤレス)にもかかわらず、いまだに脳に電極をつけないとAIを人間と融合させられないと思い込ませていることだ。全て、歴史的なユダヤ的騙しの手法である。挙句の果てにはゾンビ(脳操作され自らの思考で考えられない者)を火炎放射器で焼いてやるとまで。

 

最近、仁徳天皇陵世界遺産に推薦されたのは、あのカタチがユダヤのマナの壺とそっくりであり、私の話を「マナ=パンの実が現れる」の話と勘違いしたからだ。だから、彼らはここまでなぞってきたのだ。また、それを歴史的に利用している偽連中は、衛星を介して自作自演でそれを実現させたと見せかけて、多くの人を騙そうと画策した。

はっきりいって、全てを冒とくしたやり口である!

 

 

私の知人や芸能人を騙した上に、私を遠隔BMI拷問にかけ、その脳情報を衛星を介して、騙して契約させられた(解約できないと嘆く人多数)複数人にBMIテレポーテーションシンクロを行ったりしている。また、その人工物で「なった」としているのは、普通に考えるとなにをしたいのか分からないものである。

 

そして、私の話からの展開を考えなければ理解できる話であり、連中は、「人間の本当の力」に気づかれたくないのである。故に協力したふりをして、トロイの木馬よろしく、騙し、騙したまま侵略しようとした。そしてそれら一切の騙しが、世界中で許容されず、人間動物園・ゾンビ・サイボーグ遠隔操作計画は灰塵と化した。