iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

初心者用、安心対策まとめ1

本質的に破れないもの

・背筋を伸ばす(猫背、ストレートネック、巻き肩対策。背筋が悪いところに電磁波着信したり、BMI機器を設置することが多いから)

→その状態で両手を前に突き出す

→すると不要な身体内人工電気線が無くなる

→すっきり

・立った状態で、膝上辺りに両手を置く(だっちゅーのポーズ)することで、肩甲骨が下方遷移する

→連中はあばらを上に上げて、最終的に頭蓋骨に影響を与えたいため

→電気線で身体をぐるぐる巻きにされていなければ下がる

→ぐるぐる巻きにされていても、外す方法は幾つかある。

→普段から背筋を伸ばすべきだが、固定された姿勢は逆に利用される可能性がある。背中の肩甲骨が後ろに出ている状態を避けるために、小まめに姿勢を伸ばして前に両腕を伸ばすとよい

低周波対策

→身体をさわられているかのようなほとんどの古典的攻撃(現在エネルギーフィールドからもある)は、振動が低い床からの低周波が利用される。または(半)閉鎖空間の壁などの共鳴。金属や机は振動しやすい。アルミは反射する。網目模様や球体は拡散されやすい。10分も経たずに全身が低周波に包まれる。

→簡単には床から足を上げれば最大の振動が消える

→不要な物を捨てる

→床は下水管から影響を受けているとも言われる

→エアコンの外部設置物や、集合住宅の溜め水浄化装置から20m離れた位置でも強い周波数を室内に飛ばしてくることもある

→厚目のアルミ板を用意し、身体の間に置くことで、どこから電磁波周波数が飛んでいるか探すことができる。被害者は電磁波遮断されることで身体になんらかの反応が起こるからだ。悪質な場合普段必ず通る通路に電磁波を通していることが多い

→その電磁波周波数や固定の低周波周波数に対して、帰宅後のターゲット身体周波数を遠隔から変え、即座にBMI実行したり、音声着信をシームレスに継続したりする。また、自宅外にいる際に、自宅と同じ周波数があるかのように誤認させてくることがあるが、そのような場合ほぼ偽音を聞かせているだけで、その場合、過敏な心境を利用されているだけ

→普段から、コロコロ環境を変えたり、初めての場所に行ったり、初めてのものを食べるとよい。糖質だけは避けた方がよい。糖質取るならビタミンB1とニンニクを同時摂取がお薦め。糖質半減でもの足りないなら、毎食大さじ一杯の中鎖脂肪酸とオメガ3オイルを取るとよい。同じ場所にものを置くと、その状態で様々実行されるので小まめに配置を変えやすい室内作りをするとよい。キャスター上に箱置くとか

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。