iとはなにか?-自らのあり方で決まる-

自分を通常最小単位である自ら一人とした場合、その自らをどこまで信じていけるかがポイント。嘘・騙し・騙されのない"シンプルな本質"に立つことがスタートとなる。

1.あなたは「エネルギー存在」でもあります。
2.あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。
3.アストラル体(感情体)・肉体・(エーテル体)が、物質界での受肉された範囲です。受肉された範囲以外の、より高位の霊体の認識を深めよう。
4.現実認識(リアリティ)とは、あなたの脳がそう解釈(認識)したこと。脳は物質的とも、電磁場的とも、その両方とも、それ以外とも言えます。
5.愛とは、それ自体にこだわることではありません。私たちの住むこのオーム宇宙の根源テーマが"愛"です。アガペーです。
6.自分を最初に守らないで、知らない誰かを助けてみよう。自分を最初に守っている限り、あることに気がつけないのです。"自己犠牲"
7.ある程度以上の"知識"は必要と思われます。そんなに難しくはありません。
8.予測されうること以外、普段と違うことをたまにはしよう!気がつく時がきます。


◆πνευμα (プラウマ)
意識に入る前のオートメーションに 影響を与えられるのは 自らのπνευμα(プラーナ=気息)だけである。息とは口や鼻からするものだけとは限らず、あなたの霊体において、神聖な気息(カー)を行うことも可能。またそのようなものはないと思うことも可能。あなたはあなた一人と考えるか、どこまでを範疇ととらえるか、常識に縛られず、全てを手放すことも可能。そもそもカタチなどあったか?

◆π魂/b>
魂は存在します。魂に意味づけ・カタチは不要です。

◆π三体構造/
もうすぐ木星が恒星化しますが、三体構造に改めて思いをめぐらしています


◆カルマの解消
"繰り返している悪いこと"をカルマの定義とした場合、その解決をすることが人間に与えられている役割といわれています。また人間とは、「深く考える」「創造する」ができる唯一の存在とも言われます。それらが奪われているとしたら、人間が行うべき責任を果たさずにいることこそが、現在のことの本質だと私は考えます。

日本神話の話だが

天孫族に国譲りした出雲の大国主が、実は幽の世界の神様らしい

 大国主が国のカタチを整え終わって、天孫族が現れるという流れ

昨日書店の雑誌をみて初めて知った。今まで一般に伏せられていた情報が開示されたのかと思った

この辺が、アイオーン柄みの話みたいにもみえる

また一昨日〜昨日は

地球のCERN土星の北極六角形と同期し666で集めた人類の(憎悪など悪い)意識を送信している話から

オリオン→土星→月→地球人

の話がまず前置され、そこから離れ、銀河の周波数マヤツオルキンと同期する必要があることを解いた

これら書籍を参考に

自らの光のなかに大切なものとしてオリオン星雲(宇宙のゆりかご)を置いた(この時点ではオリオン星雲がなにかわからないので決めつけず)→ここで「わたしとはなにか?」13無限の認識発動(水の波紋が重なりあい、その細かくなった一つ一つがそれぞれ認識をはかる。同時に水の波紋であるのでONE)を実行→普段の電磁波ボイス連中含め、そのなかに自分を見る認識となる。次元が違う。守られる→MUSICPLAYLIST66「3+1」の4曲目「Angelight」がいつの間にか消えていたので自分のバックアップからニコニコに再アップ→aiko「恋をしたのは」のHP動画が新曲が出てリンクしなくなったのでYoutube動画にリンクを張り直す。思ったこと「演出もあるだろうが10代?に見えた。また背景が意識があるからなのか(オリオン)星雲にみえた。やはり地球はオリオン意識に、マヤ暦でいう890日周期の中の今までよくわからなかった星間周波数変換転送繋ぎされている(CERNでしている)のではないかと。ちなみにaikoの曲は聴覚障害者の女の子を小学生時代にイジメたため、自らがイジメにあい、

それをずっと引きずる男の子が高校時代に昇華するまで描いた講談社の「声のかたち(名前失念した)」という映画と漫画の主題歌→MUSICPLAYLIST38のBabyMetalの動画を載せた代わりのアルバム紹介リンクを、今まで前身の可憐girls時代のリンクにあえてしていたが(BabymetalのMetal的映像表現がオドロオドロしいので)、やっと「アポカリプスI.D.Z(当時は限定品)」 の動画リンクに変えた。このアルバムにしか前身の可憐girls時代の名曲「over the future」は入っていない。ちなみに.ID.Zは「イジメ ダメ ゼッタイ」の頭文字の略→昨日、ユダの福音書を再度読み直した。→ユダは13のダイモーン(神霊)である。あの世とこの世の間を繋ぐ。

エスが「不死のアイオーン、すなわちバルベーロから来た」ことを知っていたのは、ただユダだけであった

常識と本質

つまり認識の転換(逆転)である

本質から世界を見たということ

あなたが知覚しなくても、意識しなくても、存在するものごとがたくさんあります。
それを信じるために、あなたはあなたを信じられる絶対量を深めるのです。